鹿児島グルメ食べ歩き&おすすめスポット

鹿児島の美味しいお店、おすすめスポット、イベント等、見ていて楽しくなるブログを目指して情報発信していきます❣

カテゴリ: ・おすすめスポット


熊本県天草市牛深で開催される
第17回【牛深ワンわんウォーキング】
へ参加しました。
去年に続いて2回目の参加です。

IMG_3454


5キロコースと8キロコースがあり、
去年は8キロコースを歩きましたが、今年は5キロコースへ。
2つのコース合わせて500人以上が参加していました。
大阪から参加されてる方や長崎からの方もいましたよ。
IMG_3469



ハイヤ大橋からの眺めが絶景です
IMG_3470

IMG_3468


そして、歩いた後は牛深の民宿
「すずや」さんの
特製カレーや
ぜんざいが出ます。
どちらもとても美味しいですよ。
FullSizeRender

FullSizeRender


そして1番の目玉は抽選会。
景品の中には何と伊勢エビもあるんです。
今年は私達はかまぼこと鯛が当たりました。

FullSizeRender


去年も2人共鯛が当たったんですが、
またまた今年もラッキーです。
FullSizeRender


40センチ近くある大きな鯛です。
IMG_3480

ただ歩くだけじゃなく、ふるまいや、
海の街ならではの景品が、
空くじなしで当たる抽選会もあり、
とても楽しめるウォークとなっています。

牛深のゆるキャラ、可愛いあかねちゃんもいました
イワシをモチーフにしているそうです(笑)

IMG_3463

名称
牛深ワンわんウォーキング

参加料
大人1800円
中学生以下1000円

主催
牛深商工会議所

電話番号
0969-73-3141

駐車場


住所
熊本県天草市牛深町215-1

⭐️地図⭐️
(スタート、ゴール地点の道の駅海遊館)










鹿児島県いちき串木野市にある、霊山【冠岳】。
今から2200年前、中国の秦の始皇帝の「不老不死の仙薬を求めよ」
との命により、徐福が降り立ったと伝えられ、あまりの景色の素晴らしさに、自らの冠を頂上に捧げました。
そのことから、この地を冠岳と呼ぶようになったとの説があります。
その冠岳の麓にあるのが
【冠岳花川砂防公園】。

IMG_3399


入口を入っていくとすぐ、
狛犬と仁王像がありました。
IMG_3408


この仁王像は、明治初年の廃仏毀釈の時に壊され捨てられていたのを、
地元の有志達によって復元されたそうです。

IMG_3402


そして更に歩いて行くと、
公園内は中国風になっています。
IMG_3416


望獄亭と紅葉。
IMG_3425


望嶽亭から見る水鏡には冠岳が写し出されて綺麗
IMG_3421


中国風庭園の冠嶽園。(入場無料)
IMG_3427


IMG_3434

冠嶽神社。
IMG_3435



そして西岳、中岳、東岳の3つの峰からなる冠岳の西岳の中腹にある
【冠岳展望公園】。
ここには高さ6メートルの
日本一の徐福石像があります。

IMG_3439


すぐ近くに駐車場があるので車で行く事もできますよ。
ここから眺める景色は絶景です。

IMG_3440



駐車場
どちらも有

⭐️冠岳花川砂防公園の地図⭐️




⭐️冠岳展望公園の地図⭐️










薩摩川内市祁答院町藺牟田にある
【藺牟田池】。
飯盛山の噴火によりできた火口湖で、
周囲は約4キロ、最深は3.5メートル、
7つの外輪山に囲まれた静かな池です。


IMG_3356

周囲の湖畔には梅や桜などの並木があり、春は花見、秋は紅葉を楽しむ事ができます。
IMG_3365

今の時期は紅葉が少し色づいていました。
見頃はもうすぐかな。

IMG_3364


池では白鳥も優雅に泳いでいます。
貸しボートもあるので、白鳥を眺めながらのんびりするのも良さそう。

IMG_3390

水面まで降りてみると寄ってきました
IMG_3358

カメラ目線(笑)
IMG_3361

池には「浮島」と呼ばれる泥炭が300近くあり、低層湿原で
これだけ見られるのは珍しい事から、国の天然記念物に指定されています。

IMG_3368


そして、希少野生植物種であるベッコウトンボや水鳥の生息する
貴重な湿地として2005年ラムサール条約に登録されました。

IMG_3369


池の周りは整備されていて、歩いてまわったりサイクリングもできます。
レンタサイクルもありますよ。

IMG_3366


駐車場の近くには、生態系保存資料施設「アクアイム」もあり、
生態系について色々知る事もできます。

IMG_3393


池の周りの7つの外輪山は登山もできます。
1つずつ登る事も出来ますが、7つの山を1周する事もできます。

IMG_3375


登山で汗を流した後は、近くの藺牟田温泉でゆっくりと
疲れを取るのも良さそうです。

IMG_3397

夏は花火大会もあり、多くの人で賑わいます。
近くにはキャンプ場もあり、アウトドア好きにはたまらない場所となっています。


名称
藺牟田池自然公園(いむたいけしぜんこうえん)

電話番号
0996-55-1111(薩摩川内市役所 祁答院支所)

駐車場


住所
鹿児島県薩摩川内市祁答院町藺牟田

⭐️地図⭐️











鹿児島市吉野町にある【寺山炭窯跡】。
薩摩藩主、島津斉彬の集成館事業の1つである反射炉の燃料となる
木炭を作るために
1858年(安政5年)に築いた炭窯跡です。

2015年(平成27年)世界文化遺産に登録されました。

車で向かうと、このような表示が出てるのでわかりやすいです。
IMG_3280


駐車場は寺山ふれあい公園の中にあります。
IMG_3281


そして案内板も出てるので迷う事なく行けます。
IMG_3283


遊歩道の入口。
IMG_3284

IMG_3293


遊歩道へ入りしばらく歩くと、
階段があり、登った先に
西郷隆盛の開墾記念碑もあります。
IMG_3287

IMG_3288


更に進み
IMG_3292


駐車場から約700メートル歩いて到着。
IMG_3294

IMG_3296

薩摩藩の領地では石炭を産出しないため、
近代化事業に際して大量の木炭を必要としました。
斉彬は供給不足に備えて
熱効率の良い白炭を製造する事にし、木炭に適した木(シイ、カシなど)
照葉樹が多く集まるこの寺山の地域に炭窯を3基設置させました。
現在は1基だけ残されていて、あとの2基の場所などは不明だそうです。

IMG_3297





そして、寺山炭窯跡から車で約20分程移動した鹿児島市下田町にあるのが
【関吉の疎水溝(せきよしのそすいこう)】。
1852年(嘉永6年)に、こちらも島津斉彬によって行われた
集成館事業の動力源として利用されました。

寺山炭窯跡と同じく、
2015年(平成27年)
世界文化遺産に登録されました。

駐車場は、せきよしの物産館の駐車場になります。
IMG_3334

田園地帯広がるのどかな雰囲気の中を歩いて行きます。
IMG_3300

IMG_3304

IMG_3301


こちらもちゃんと案内板があるので迷わず行けますよ。
IMG_3303

IMG_3306


駐車場から約370メートル歩いて到着。
IMG_3309

IMG_3310


稲荷川の上流にあります。
IMG_3313


水が透き通ってて綺麗。
IMG_3314


説明の看板を見てみると
IMG_3312


こんな感じで作られていたようです。
IMG_3318


同じアングルで撮ってみました。
IMG_3317


左端に見えるのが、水をせき止める為の仕掛けの跡のようです。
IMG_3316


この場所から集成館のある仙巌園まで、
高低差8メートルを利用して水路を約8キロに渡って築きあげたそうです。
今でも約3キロは残っていて、一部農業用水路として利用されているそうですよ。



⭐️寺窯炭窯跡の地図⭐️



⭐️関吉の疎水溝の地図⭐️









鹿児島市の中心を流れる甲突川には、
江戸時代末期から平成5年までの
約150年間、
「甲突川の五石橋」と言われる5つの石橋が架かっていました。

上流から
玉江橋(たまえばし)
新上橋(しんかんばし)
西田橋(にしだばし)
高麗橋(こうらいばし)
武之橋(たけのはし)

ですが、1993年(平成5年)の8月6日、鹿児島県集中豪雨(8・6水害)で
武之橋と新上橋が流失してしまい、また他の3橋も被害をうけた為、
この後、橋を洪水のない場所へ移築するか現状回復するかで大問題となりましたが、
結局残った3橋を移築することとなり、
2000年(平成12年)に石橋記念公園として開園しました。

駐車場からすぐの場所に、記念館があります。
色々展示されているので石橋の歴史を見る事ができますよ。
IMG_3269

そして外へ出てまず目に入るのが、
1番長くて大きな西田橋。
IMG_3270

城下の表玄関として豪華に建造されています。
IMG_3271

あの篤姫もお輿入れの時に渡ったと言われています。
IMG_3272

西田橋御門
IMG_3250


そして、石橋記念公園から橋を渡った
祇園之洲公園にあるのが玉江橋と高麗橋。

玉江橋は最も上流に架けられ、5橋の中では一番狭い橋です。
IMG_3263

IMG_3264

IMG_3265


高麗橋
IMG_3254

IMG_3255

IMG_3256


この石橋を作った肥後の名石工、岩永三五郎の像もありました。
IMG_3252


他にも西南戦争時の官軍戦没者の慰霊塔や
IMG_3267


薩英戦争の記念碑などもあります。
IMG_3262


名称
石橋記念公園・祇園之洲公園

営業時間
公園は常時開園
記念館 9:00~17:00 7.8月は19:00まで

定休日
月曜日(休日の場合翌日)
12月31日

電話番号
099-248-6661(石橋記念館)

駐車場
有(8:00~21:00)

住所
鹿児島市浜町1-3(記念館)

⭐️地図⭐️











このページのトップヘ